So-net無料ブログ作成
検索選択

ラバーパーツのベタツキに朗報・・・[TCD-D3] [SONY]

・・・かどうかは知りません。あくまで自己責任でお願いします。

7680.jpg

(↑写真は処理後です)

7664.jpg

ご存知(かどうかわかりませんが)TCD-D3。周囲を取り巻くラバーっぽいパーツが経年変化でベタベタになることが知られています。

7665.jpg

サイド部分。結構悲惨な感じになってます。

7173.jpg

以前買ったタミヤコンパウンドを使ってみたらどうなるか試してみました。

7668.jpg

処理後正面。

7670.jpg

サイド。
ザラザラ感がなくなって少しプラスチッキーになったような気もしますが、ベタツキはなくなりました。レタリングも今回はマスクしてませんが、削れてしまうようなことはありませんでした。「磨く」というよりは、ベタベタをコンパウンドで絡め取るという感じに近い気がします。

7672.jpg

細かい部分の作業には赤ちゃん用の綿棒が使い易いです。


nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 10

コメント 2

asshi

はじめまして。朗報感謝いたします!わずか200円ちょっとの投資で長年の悩みが解決いたしました。力を入れて磨き過ぎた部分の文字が薄くなったのはご愛嬌^^細かい溝に入った余分なコンパウンドはつまようじで取り除きました。我が青春のTCD-D3、動く限り愛用します。この度はありがとうございました。

by asshi (2017-07-31 16:45) 

kanchin

> asshi さん
お役に立てましたそうで嬉しく思っています。
ラバー仕上げ部分のベタつきは本当に面倒で、中には塗装を剥がしてしまわれる方もいらっしゃるようですね。レタリング部分はセロテープなどでマスキングした方がいいかもしれません。
by kanchin (2017-08-14 06:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る